FC2ブログ
LUCIA
ちょっとパワーアップして戻ってきた。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
そもそも。
なんでブログを再開する気になったのか。
初日の日記でも多少触れたけど現役高校生男子のブログに惚れこんで、が最大の理由だ。

ありえねぇ、33になって現役高校生男子しかも同性愛カテゴリの1位独走中のブログに触発されるとはな!!!(笑)

FC2ブログ同性愛カテゴリの1位に先日から君臨してるのが北海道在住龍史くんのブログ『君で良かった』なんだけれども、高校1年生の純粋でリアルで生々しい美しさに溢れてるんだよね、コレが、ホントに。
ご本人も相当かわいい男の子みたいなんだけど(あ、ごめんね、龍史くん。でもそうっぽいもんね?)その龍史くんにベタ惚れの彼氏眞人くんがまたスゴいんだ、高校1年なのに男前すぎて。
元々眞人くんが龍史くんを好きで告白して始まってるカップルなんだけど、眞人くんの男っぷりがないと存在しえなかったんだな、2人は。
龍史くんはちょっと女装させちゃうと途端に男の子には見えなくなっちゃうようなかわいい子みたいなんだけどブログを読む限り性格もホントに素直で照れ屋で、ていうかツンデレで(笑)でもいつも一生懸命でムリがなくて魅力に溢れている。
眞人くんはそんな彼に中学時代から実は惚れてたらしく、高校受験の合否発表の前に「別れてしまうかもしれないから今のうちに言っておく」と前置きして龍史くんに愛の告白をする。


・・・・・もうここからして恐ろしくかっこいいわ。
こんな男、社会に出てからお目にかかった試しがねぇよ、この東京砂漠。


龍史くんは別に見た目がかわいいだけで(笑)フツーにノンケなのでキョトンとしてしまうが眞人くんの余りに強引で真摯な気持ちに徐々に押されてしまう。
クラスメイトに気付かれそうになろうが親兄弟にバレそうになろうが眞人くんは全然お構いなし、「だって好きなんだもん、オレは公認で構わないけど?」みたいな。
ポイント高いのがまた眞人くんがフツーに女の子にモテる子ってとこだよ。
途中で女子から眞人くんが告られて面倒なコトになる日記があるんだけど、眞人くんはホントは女に不自由しない程度にカッコいい子なのに龍史くんへの気持ちに迷いが一切ない。
はぁぁ、もうため息出るわ、眞人くんに。
そして途中で気付くんだよね、龍史くんも。彼を好きだってことに。
彼がいないと寂しかったり、物足りなかったりするんだよ。
なんだかんだ言っても一緒にいたいんだもん。
その過程が徐々に開く夜明けの花のようで、読んでて涙が出そうになるんだよ(バカか、三十路独身女、目を覚ませ)

今までいろんなカップル見てきたけどこれほどまでに初々しくて羨ましいカップルも珍しいよ、ホントに。
自分が高校生だった頃、あんなに真っ直ぐで素直で恋に正直だったかなぁ?と真剣に考えさせられた。

自分が高校生だった頃って中学生時代にちょっと付き合って別れた苦い思い出を抱えてて、部活の先輩に告られて付き合うものの先輩の受験が重なって結局別れて、今度は後輩といろいろあったけど苦しいだけでどうにもなんなくて、家庭も微妙で女友達も微妙で、ってまぁありがちな思春期だったかもしれないんだけど、それでも龍史くんのブログを読んでて気付かされたことがあって。
その年齢である自分を精一杯楽しんで生きようとしてなかったなぁ、と。
たった16、7歳だったのに厭世観に溢れてた。
いろんなことがイヤでイヤでしょうがなかった。
生きる意味ばかり問うような高校生だったんだな、と思い出した。

でもホント、龍史くんのブログを読むと心が洗われるんだよマジでぇぇぇぇええ。
全国の生活に疲れた30代独身OLに読ませてやりてぇよ、マジで(笑)
こんなに思春期って、キラキラしてるんだぜ・・・みたいな(爆笑)

確かにカテゴリは同性愛だし、話の中心は男の子同士のラブラブな日常なんだけれども、そこにとにかく曇りがない。
北海道の空気が彼らを汚さないのか、生まれ落ちた魂がすでに眩しいのかあるいは何か強烈な天使にでも守られているのか、それはわかんないけど、とにかく2人の恋愛は全てのカップルと片思い中の人、恋にあこがれてる人に読ませたい。
それほどまでに人を惹きつける光がある。


実際龍史くんのブログを読むようになってから私は彼氏を以前よりも愛しく感じるようになった。
すげぇな、高校生男子の影響力。
人間って意外と捨てたものではない。(変なオチだ)
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © LUCIA. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。